中企団加盟社労士
全国3,592事務所

トップページ団体案内(概要)ヒストリーof社労士


ヒストリーof社労士

昭和43年の社会保険労務士誕生から今日に至るまで社労士業界の歴史を目の当たりにし、当事者として実際にその歴史の歯車を回してきた生き証人である著者(川口義彦)が、当時を 振り返りながら真実を余すところなく語ります。

連載期間:2002年6月〜2003年5月

vol.1敗戦が社労士を生んだ vol.2関連団体の動き vol.3新関係団体が誕生
vol.4法施行後の諸団体の動き vol.5社労士7万人が誕生 vol.6社労士法は欠陥法?

閑話休題
vol.7団体一本化への動き
またまた閑話休題 
vol.8合併協議会一転中断 vol.9地方の動き vol.10合併へ両省庁動く
vol.11調整できず再び中断 vol.12出先機関による指導・活発化 vol.13日社連結成へ動く
vol.142団体並立時代へ vol.15雪融けムード高まる vol.16社会的地位向上策はかる
vol.17両団体、新人事体制なる vol.18法改正への動き vol.19開業者の不満つのる
vol.20制度正常化期成同盟が発足 vol.21中央会結成と新団体設立 vol.22法改正成り、法定団体設立へ
vol.23新団体の使命は法改正 vol.24三次の法改正で完成近づく vol.25社労士の英知を結集しよう①
最終回社労士の英知を結集しよう②

▲PAGETOP