中企団加盟社労士
全国4,870事務所

トップページサービス一覧中企団無料定期研修会・特別研修会 ≫ 働き方改革時代における労働時間制度の実務運用上のポイント


中企団無料定期研修会・特別研修会 開催予定

 

2020年2月26日:働き方改革時代における労働時間制度の実務運用上のポイント

カテゴリ
特別研修会
タイトル
働き方改革時代における労働時間制度の実務運用上のポイント

概要

2020年4月からはいよいよ中小企業も時間外労働の上限が適用され、賃金債権の消滅時効も3年に伸長される見通しとなりました。働き方改革時代において、労働時間管理や運用方法の見直しについて対応を求められる機会も増え、多くの社労士が新様式の36協定への対応や、時間外労働対策を強化されていることでしょう。
 従来の制度や管理方法でいいのか、変形労働時間制や裁量労働制など、これまで導入してきた制度が現在も顧問先の現状にフィットしているのか、あるいは、新たに弾力的な労働時間制度の活用を検討すべき段階に来ているのか、今こそ最適な分析力と解決力を備えた社労士が求められています。
本研修会では、関与先の時間外労働や残業代トラブル等を未然に防ぐべく、労働時間制度の多様な活用方法を  具体的な事例を用いて解説します。これまでの知識をブラッシュアップさせ、提案力と解決力を養いたいと考えて いる方に、特にお勧めの内容です。ぜひご参加ください!

主な講義項目

第1部 各種変形労働時間制度の導入、要件、運用支援、リスク防止対策
1か月単位の変形労働時間制、1年単位の変形労働時間制、フレックスタイム制、みなし労働時間制
第2部 働き方改革関連法対応
   ①新36協定作成のポイント~厚労省リリース作成支援ツールを用いた実務の留意点~
   ②労働時間の適正な把握と労働時間の状況の把握への対応~PCログの確認方法等~
第3部 多様な働き方に関する労働時間制度事例検討
   ①土曜隔日出勤がある場
  ②歩合に関する手当がある場合
   ③年間休日数が変更になる場合
  ④テレワークを行う労働者がいる場合  他

日時

2月26日(水)
13:30~16:30

場所

中小企業福祉事業団 セミナールーム
東京都台東区松が⾕1-3-5 JPR上野イーストビル2階


講師:永田 幸江 氏

NIC社会保険労務士法人 代表社員  ノーブル・インクルージョン株式会社 代表取締役
中企団幹事社会保険労務士、東京都社会保険労務士会理事、キャリア・コンサルタント
大手教育サービス業で営業職に従事した後、社会保険労務士事務所で人事・労務管理に関するコンサルティング 業務を学び独立開業。学校法人の労働時間管理等についてインハウス型ソリューションを提供している。
ビジネス・キャリア検定試験(中央職業能力開発協会)労務管理分野試験問題作成委員
学校法人 八洲学園大学 非常勤講師

定員

36名

費用

参加費(1名)/DVD【3⽉25⽇発刊予定】購⼊費(送料込)いずれも ※振込⼿数料はご負担ください。
常任幹事社労士 無料(出席・DVDのいずれか) ⇒ 幹事社労⼠⾼度化事業のお申し込みの先⽣
幹事社労士 8,800円
■レジュメ・資料は、当⽇会場にてお渡しいたします。(DVD購⼊の場合は、CD で同梱となります)
■ご出席の場合は、2⽉19⽇までにお申し込みください。
※ 参加でお申込みいただき、当⽇ご⽋席された場合には、⾃動的にDVDへ振り替えいたします。
※ 参加費・DVD購⼊費につきましては、受付後に送信する振込要領に基づきお振込みください。

会場への地図

お申込用紙ダウンロード

【お問い合せ先】
中小企業福祉事業団 事業部
tel:03-5806-0298  mail:info@chukidan-jp.com
特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP