中企団加盟社労士
全国5,520事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【特別】「非常時の労務管理と制度設計」(2021.7.2発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【特別】「非常時の労務管理と制度設計」(2021.7.2発刊)

No. 420 カテゴリ 労務管理
講師 河西 知一 氏 定価 8,800円(税込)
常任 90%OFF
収録日 2021年6月17日 収録時間 2時間35分


研修会内容

 いつ発生するとも限らない非常事態により、会社が大混乱に陥ることがあります。最悪のケースでは、会社の存続さえ危ぶまれる事態となります。非常事態と一言でいいますが、それは地震や津波を想定した自然災害かもしれません。または、今回のような新型ウイルスによるパンデミックかもしれません。全国的なものではないにしても、大火災や大停電、あるいは設備事故なども、非常時の範疇に入れて考慮しておくべきです。もっと身近なものでは、創業者・代表者や重要役員の突然死、商品やサービスによる不慮の出来事などもあり得ます。
 会社は、なにがあっても経済活動や事業の継続を目指すことが求められます。そういった意味では、非常時の労務管理とは、災害対策だけではなく、「事業継続計画」でなければなりません。
 私ども社会保険労務士は、非常時の対応についても、クライアントから的確なアドバイスや指導を求められます。あらゆる事態を想定し、会社ごとに準備すべき優先順位は異なるでしょう。これからは、非常時の事後処理も重要ですが、事前の対策設計が強く求められることになります。当セミナーでは、災害発生時やパンデミック発生時におけるテレワークシステム構築、創業者の突然死などへの対応、事業継続重要業務の選定の事例・具体例なども、わかりやすくお伝えいたします。非常時の労務管理を通じて各クライアントとの信頼関係を、より強固なものとするためにも、当セミナーを是非ご活用ください。

 

1.非常時の労務管理とは     :労務管理とはなにかを、もう一度見直します。
2.想定される非常事態の種類と対策:災害・事故・パンデミック・役員の死亡など非常時を幅広に考慮。
3.非常時の社会保険・労働保険  :まさに社労士が対応すべき社会保険や助成金なども考慮します。
4.事業継続計画         :究極は、「なにがあろうと事業を継続する強固な意思」が必要です。

 


講師プロフィール

特定社会保険労務士 河西 知一 氏

社会保険労務士法人トムズコンサルタント代表社員。中小企業福祉事業団常任幹事。法政大学経済学部卒業、大手外資系企業の人事部長などを歴任後1996年社会保険労務士として独立。ドイツ系労務管理の経験を元に、人事制度、労務問題相談顧問、海外勤務管理などを柱に人事コンサルタントとして活動。
都市銀行系シンクタンクのビジネスセミナー講師を1200回以上担当。著書に「モンスター社員対応策」(泉文堂)、「絶対やってはいけない会社の人事」・「働き方改革の教科書」(総合法令)、「高齢者の生活介護支援の手引」「法律家のための社会保険・年金」(新日本法規出版)など多数。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP