中企団加盟社労士
全国5,120事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】~新しい働き方に対応する~副業・兼業の促進に関するガイドラインを読み解く(2020.12.23発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【定期】~新しい働き方に対応する~副業・兼業の促進に関するガイドラインを読み解く(2020.12.23発刊)

No. 405 カテゴリ 法改正 労働時間 就業規則 労務管理
講師 滝 則茂 氏 定価 3,300円(税込)
収録日 2020年12月15日 収録時間 1時間39分


研修会内容

 かつて、従業員の副業・兼業については「会社の許可が必要であり、無許可で行われた場合には懲戒処分の対象となる」というのが多くの会社での取扱いでした。 しかし近年「働き方改革」の流れの中で、副業・兼業のメリットが注目されるに至り、2018年には厚生労働省から、原則的に副業・兼業を認める方向で「ガイドライン」と「改定モデル就業規則」が公表されました。 その後、労災保険に関して、複数就業者を念頭に置いた法改正が実現する一方、「ガイドライン」の改定が行われ、労働時間の管理モデルが示されました。

 

 本研修会では、このような流れを踏まえて、副業・兼業に関する規制を緩和することから生ずる企業の労務リスクを意識しながら、副業・兼業を促進していく際の労務管理上の留意点(労働時間管理、健康管理などのポイント)についてお伝えいたします。

 

1.ガイドラインが登場し、改正された経緯   4.健康管理のポイント 

2.企業対応における基本的な考え方      5.労災保険の給付 

3.労働時間管理のポイント          6.雇用保険・社会保険の取扱い


講師プロフィール

特定社会保険労務士 滝 則茂 氏
中小企業福祉事業団幹事。社会保険労務士法人LEC社員。東京都福祉サービス第三者評価評価者。

名古屋市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。1989年社会保険労務士登録。
2006年特定社会保険労務士付記。東京リーガルマインド主任研究員として、企業研修、職業訓練、資格取得講座などの企画、教材開発、講義を担当。2003年4月より、社会保険労務士法人LECにて、労務
相談、就業規則関連業務などに従事する一方、社労士向けセミナーの講師として広く活躍している。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP