中企団加盟社労士
全国4,870事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】-パワハラ防止法施行! 社内ルール・規定例の解説- パワハラ対策の要点と実施のポイント(2020.10.30発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【定期】-パワハラ防止法施行! 社内ルール・規定例の解説- パワハラ対策の要点と実施のポイント(2020.10.30発刊)

No. 400 カテゴリ 法改正 就業環境改善 メンタルヘルス
講師 坂本 直紀 氏 定価 3,300円(税込)
収録日 2020年10月16日 収録時間 約2時間


研修会内容

現在、パワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます)のトラブルは多発しており、場合によってはパワハラにより社員がメンタル不調となった結果、休職、退職、最悪の場合は自殺をしてしまうといったケースも生じています。 こうした中、令和2年6月に改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が施行されました。そして、職場におけるパワハラを防止するため、企業が雇用管理上講ずべき措置等について、新たに指針が定められました(中小事業主の、パワハラに関する雇用管理上の措置義務については、令和4年3月31日までは努力義務)。 そこで、本研修会では、最初に近年におけるパワハラのトラブル事例を紹介するとともにパワハラのリスクを解説し、パワハラを防止することの重要性について確認いたします。そして、パワハラ防止法及び新指針における法的留意点を解説するとともに、パワハラの対策についてどのように取り組むか、規定例、書式例などを紹介しながら具体的に解説いたします。さらには、顧問先へのパワハラ対策の提案及び相談を受けた際の対応などについても説明いたします。 今般の法施行・新指針の留意事項を整理し、対策を把握したい方はぜひご覧ください。  

1.近年のパワハラのトラブル事例及びリスク
2.パワハラ防止法及び新指針の法的留意点
3.パワハラ防止に関する具体的な対策
4.パワハラ対策に関する顧問先への提案及び対応

講師プロフィール

坂本直紀社会保険労務士法人 代表社員 坂本 直紀 氏
中小企業福祉事業団幹事。中小企業診断士。厚生労働省「職場におけるハラスメント対策総合支援事業(周知・広報)」に係る企画委員(2019年度)。人事労務顧問・就業規則・残業対策・メンタルヘルス対策・ハラスメント防止社内研修を得意とする。

著  書:「ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本」(日本実業出版社)他多数
雑誌寄稿:「社内ハラスメントの予防具体策 ~防止体制の構築と発生しにくい職場風土づくり~」(人事マネジメント)、「ハラスメント防止に必要な7つの対策」(月間総務)他多数
セミナー:厚生労働省委託事業「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」 他多数

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP