中企団加盟社労士
全国4,870事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【特別】社労士なら押さえておきたい判例最前線(2020.7.27発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【特別】社労士なら押さえておきたい判例最前線(2020.7.27発刊)

No. 392 カテゴリ 法改正 労働法 労務管理
講師 滝 則茂 氏 定価 5,500円(税込) 
常任 90%OFF
収録日 2020年7月10日 収録時間 2時間23分


研修会内容

労働基準法、労働契約法、パート・有期雇用労働法などの重要な労働法規については、判例に関する知識・理解を抜きにして、その解釈・運用を語ることはできません。企業の労務管理指導に携わる社労士には、近年の労働判例のポイントをきちんと押さえ、実務に活かせるようにすることが求められています。 今回の研修会では、最近2年間(2018、2019年度)に出された最高裁判所の労働判例を取り上げ、そのポイント、労務管理上の留意点につき、わかりやすく解説します。 日常業務に追われ、判例の情報収集・情報整理になかなか時間が取れないという先生方にお勧めの内容です。本研修会をご聴講いただいて、労務相談や就業規則関連業務への対応力のアップにご活用いただければ幸いです。

1.定額残業代(日本ケミカル事件)
2.歩合給からの残業代控除(国際自動車事件・二次)
3.契約社員の諸手当(ハマキョウレックス事件)
4.高齢嘱託社員の賃金(長澤運輸事件)
5.65歳更新上限による雇止め(日本郵便事件)
6.職員以外の者へのセクハラ(加古川市事件)
7.労働者から使用者への求償(福山通運事件)

講師プロフィール

特定社会保険労務士 滝 則茂 氏
中小企業福祉事業団幹事。社会保険労務士法人LEC代表社員。東京都福祉サービス第三者評価評価者。
名古屋市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。1989年社会保険労務士登録。2006年特定社会保険労務士付記。東京リーガルマインド主任研究員として、企業研修、職業訓練、資格取得講座などの企画、教材開発、講義を担当。2003年4月より、社会保険労務士法人LECにて、労務相談、就業規則関連業務などに従事する一方、社労士向けセミナーの講師として活躍中。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP