中企団加盟社労士
全国4,870事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【特別】新型コロナウイルス感染症特例を踏まえた雇用調整助成金の申請実務講座(※2020年4月16日収録、24日発刊))


研修会DVD内容紹介

 

【特別】新型コロナウイルス感染症特例を踏まえた雇用調整助成金の申請実務講座(※2020年4月16日収録、24日発刊))

No. 388 カテゴリ 助成金
講師 深石 圭介 氏 定価 3,300円(税込)
常任 90%OFF
収録日 2020年4月16日 収録時間 2時間31分


研修会内容

「コロナ・ショック」で雇用調整助成金の注目度が俄然上がりました。 取り扱う社労士の先生方には難しいと言われる側面もあるものの、 東日本大震災以来の、全国的な特例の大幅緩和が出て、難しさも緩和されています。 ただ一方で、緩和⇒申請のしやすさの反面、社労士が連座することもあり得る不正行為が心配です。 今回の特別研修会では雇用調整助成金について、現実の企業への提案から、実務の計画・実行・申請、 受給と調査に至るまで、記載例を紹介しながら順序を追って解説します。 そして、「企業の危急のために雇用調整助成金をどう健全に生かすか」最新の情報を踏まえて 考えるヒントをご提供いたします。 この知識は、今般のコロナ・ショックのみならず、「雇用の非常時」に助成金をどう生かすかという 一生モノのヒントになります。 また、当局の助成金に対する狙いは勿論のこと、「通りやすい」事前計画の立て方や、 申請をスムーズに運ぶためのポイント、さらに事業主に提案するときに どのように話をするかについても、お伝えいたします。 今回初めて申請をされる先生を対象として、基本的な実務を追求しました。 特に雇用調整助成金をもとに業務提案を進めていこうとお考えの先生は必聴の研修会となっております。 是非お申し込みください!

1.雇用調整助成金とは?    : 恐れることはない!あまり変わらないその実務の「構造」法改正の動向。
2.まずは計画と生産性要件   : 各種の要件チェックと重要な書類(事業活動の状況に関する申出書等)
3.教育訓練と出向、今後の動向 : ややマイナーな場合と、特例の上乗せ、「緊急特例」。
4.支給申請と支給額の計算   : 事前にやってもいい支給額計算と重要な書類(助成額算定書)
5.まとめ           : 営業の方法、不正の防ぎ方、業務展開のあり方。


講師プロフィール

特定社会保険労務士 深石 圭介 氏
中小企業福祉事業団幹事。労務管理事務所 新労社 代表。昭和43年生まれ。
会計事務所等勤務を経て現在に至る。
平成16年独立後、助成金を切り口に顧問サービスの導入で実績をあげる。
各種団体・業界組合等においてセミナー実績多数。

日本法令「ビジネスガイド」、産労総合研究所「労務事情」、
その他数誌に関連記事を執筆。著書「8訂版 雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」(日本法令)等。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP