中企団加盟社労士
全国4,870事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【特別】社労士と産業医との連携による産業保健の増進(2019.7. 2発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【特別】社労士と産業医との連携による産業保健の増進(2019.7. 2発刊)

No. 367 カテゴリ 法改正 就業環境改善 メンタルヘルス
講師 鈴木  健太 氏  
大岡  忠生 氏
定価 5,500円(税込) 
常任 90%OFF
収録日 2019年6月13日 収録時間 2時間5分


研修会内容

従業員の健康に関する相談に対して産業医から十分な対応が受けられずに、不満を口にする顧客企業の担当者に頭を抱えたことのある社労士は少なからずいらっしゃると思います。第1部では、今まで社労士にはブラックボックスに感じられていたであろう産業医業界の現状を浮き彫りにすると同時に、いい産業医の見分け方や、企業に提案できる産業医のクリティカルな活用法をお伝えします。
また、働き方改革や健康経営を企業で実現していく上で、産業医の役割も重要になってきます。第2部では、健康経営研究もしている産業医より、「産業医目線での健康経営の手法」を学ぶことで、企業の働き方改革・健康経営における産業医の立ち位置・役割を明確にして、結果につながる健康経営アプローチの提案ができるようになることを目標としています。 【(一社)健康経営推進産業医会より】
第1部
働き方改革時代における産業医の現状と社労士との関わり 講師:鈴木 健太 氏(医師・産業医)
働き方改革時代における産業医業界の現状や、いい産業医の見極め方や活用法を説明いただきます。
第2部
産業医と社労士の連携による健康経営の実現 講師:大岡 忠生 氏(医師・産業医)
一流産業医の健康経営アプローチの方法と結果、企業における産業医の立ち位置・役割について説明いただきます。


講師プロフィール

鈴木 健太 氏(第1部) 医師・産業医
帝京大学大学院公衆衛生学研究科、健康経営推進産業医会 理事
複数の大企業で産業医を務める傍ら、経営者や企業人事へ正しい産業医の在り方を示す活動を続けている。
大岡 忠生 氏(第2部) 医師・産業医
山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座、健康経営推進産業医会 代表理事
数多くの企業で産業医として健康経営を推進し、パナソニックグループ最優秀賞や産業衛生学会優秀賞等を受賞。自らも複数の法人を運営し、経営者・産業医双方の立場から産業医の活用の仕方を提示している。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP