中企団加盟社労士
全国4,548事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】適性検査(CUBIC)の活用法


研修会DVD内容紹介

 

【定期】適性検査(CUBIC)の活用法

No. 348 カテゴリ その他 人事 就業環境改善
講師 出口 裕美 氏 定価 3,240円(税込) 
常任 無料
収録日 2018年10月15日 収録時間 1時間48分


研修会内容

社会保険労務士は人事労務管理のプロなのだから、社会保険労務士事務所で働く職員達は一番幸せ!…を夢見て、独立開業し、今日まで経営してきました。それでも、「幸せ」は人それぞれ異なることに悩んできました。
「社員の採用・配置転換等でお悩みはありませんか?」「社員の声、聞いてますか?」
人には人の資質や特性があります。「集中力、緻密さの必要な職務(経理人事など)」が適した社員や「足腰のよさが武器になる職務(営業、広報など)」が適した社員を面接だけで見抜くことは困難です。そこで適性検査を有効に活用し、資質や特性を見定めてミスマッチを防ぐことが、社員の採用や定着を考えたときに重要になります。
本研修会DVDでは、社会保険労務士事務所で10年間CUBICを活用して積み上げた成功事例・反省事例に学びつつ、従業員の「役員登用」、「退職者予防」、「配置転換」などを行ってきた経験を活かして、顧問先の「ヒト」の悩みについての企業分析を行うことで、コンサルタント契約が可能になる実例をご紹介いたします。(出口裕美)

1.なぜ、適性検査が必要なのか
2.なぜ、数ある適性検査の中でCUBICなのか
3.CUBICで何がわかる
4.CUBIC診断結果の読み方
5.CUBIC活用事例


講師プロフィール

社会保険労務士法人出口事務所 代表 特定社会保険労務士 出口 裕美 氏
適性検査(CUBIC)に出会ってから10年。25歳で独立開業するものの、経営者としての従業員マネジメント経験はなし。社労士業務は順調に業務拡大する中、今後も業務拡大していくためには、社労士事務所の組織化は不可欠と判断し、当時、社労士業務支援ソフトより高額の適性検査システム(CUBIC)を購入。その後は、自社で定期的に個人特性分析・組織風土診断を行い、従業員にフィードバックすることで気づきを与える。ダイバーシティに積極的に取組み、その経験を活かし、採用&社員適正化コンサルティングを行う。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP