中企団加盟社労士
全国4,617事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【特別】運輸業の課題と労務管理のポイント(2018.10.5発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【特別】運輸業の課題と労務管理のポイント(2018.10.5発刊)

No. 345 カテゴリ 労働時間 労務管理
講師 先山 真吾 氏 定価 8,640円(税込)
常任 無料
収録日

1537401600

収録時間 2時間41分


研修会内容

就労人口は200万人を超える運輸業。その中でもトラック運送事業はその中核を占め、社会保険労務士としても関与する機会が多いかと思います。一方で、労働時間の長さや、労災の発生率の高さなどで、社労士としてかかわってい行く上で、なにかと課題の多い業界であることも事実です。さらに、社労士として提案したことが、会社内でなかなか実行されない、提案が受け入れられないという難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の研修会DVDでは、運輸業界が抱える問題点を明らかにする一方、運輸業界独特の労働時間管理である「改善基準告示」を分かりやすく解説。運輸業に対して関わってゆく上で、知っておきたい事項を含めて、実践的に解説いたします。

1.運送業とは
運送業を取り巻く法律
運送業の組織
2.運送業の課題
長時間労働
ドライバー・管理者不足
点呼の実施
3.陸運局の監査
監査に至る理由
処分の内容
4.改善基準告示
改善基準告示の基本
拘束時間と運転時間
実際の現場での対応


講師プロフィール

特定社会保険労務士 先山 真吾 氏
先山社会保険労務士事務所 代表、合同会社オブリガート代表社員。
昭和49年生まれ。26歳のときに、従業員数約50名の運送会社に就職。運送会社では、配車係、営業、経理、総務などに携わる。平成26年に、先山社会保険労務士事務所を開設。現在、運輸業を中心に、手続き業務や労務管理だけにとどまらないコンサルティングを行っている。
運行管理者(貨物・旅客)、整備管理者(有資格者)、第一種衛生管理者、ASK認定飲酒運転防止インストラクターとして活動。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP