中企団加盟社労士
全国3,872事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】改正個人情報保護法チェック講座


研修会DVD内容紹介

 

【定期】改正個人情報保護法チェック講座

No. 311 カテゴリ 労務管理 法改正
講師 小林 元子 氏 定価 3,240円(税込) 常任 無料
収録日 収録時間 1時間55分


研修会内容

平成29年5月30日に『改正個人情報保護法』が施行され、今まで対象外とされていた5,000人分以下の個人情報を取り扱う小規模取扱事業者に対しても適用されることとなり、ほぼ全ての事業者が対象となりました。
法成立後10年ぶりとなる今回の大改正では、規制だけではなくビッグデータ時代に対応し、パーソナルデータの適正かつ効果的な利活用の促進に向けて、匿名加工情報に関する規定が設けられるなど、制限緩和も行われました。それに伴う情報漏えいの国民懸念に対応し、個人情報保護のための規定の強化や、企業活動のグローバル化に伴う国際的な基準への対応が行われています。
特に私達社労士にとって、既に運用が始まっている『特定個人情報保護法』、平成28年12月に施行された『官民データ活用推進基本法』や、規制改革推進会議による行政手続簡素化の3原則のひとつ『行政手続きの電子化の徹底(デジタルファースト)』等もあいまって、社労士の取り扱う個人情報へのセキュリティ対策が今後もさらに注目されることでしょう。
そこで本DVDでは、改正個人情報保護法の「個人情報の定義」、「匿名加工情報」、「要配慮個人情報」「第三者提供ルール」等についての内容と、個人情報管理で対応すべきチェックポイントをわかりやすく解説いたします。ぜひご活用ください。

1.『改正個人情報保護法』の改正の背景
2.『改正個人情報保護法』の改正のポイント
3.『改正個人情報保護法』のガイドラインについて
4.その他社労士を取り巻く個人情報等へのセキュリティ対策の課題


講師プロフィール

特定社会保険労務士 小林 元子 氏
電子申請黎明期より電子申請を始めたことから、社労士や行政職員向けの電子申請の講師を数多く務めている。
また、情報保護に力を入れており、平成28年から運用が開始された『特定個人情報保護法』にいち早く取り組み、企業や士業に対して講義を行うと共に、開業社会保険労務士専門誌SR(刊:日本法令)などでも、複数回にわたる執筆の実績を持っている。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP