中企団加盟社労士
全国4,088事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】農業における労務管理のポイント


研修会DVD内容紹介

 

【定期】農業における労務管理のポイント

No. 293 カテゴリ 労働保険 労働時間 労務管理
講師 入来院 重宏 氏 定価 3,240円(税込) 常任 無料
収録日 2016年11月7日 収録時間 1時間45分


研修会内容

農業経営構造の変化に伴い雇用は拡大し、その労務管理が大きな課題となっています。すなわち、従来の家族労働中心の経営から、法人化や規模拡大、六次産業化等によって、地域農業の中核となる農業経営にあっては多くの雇用労働力を必要としており、これらの従業員の労務管理は、一般企業並み、あるいはそれ以上に複雑・多様化してきています。従来の慣習や「カン」に加えて、農業の特殊性に配慮しつつ、より近代的な労務管理を行う必要があり、とくに、法人経営にあっては、労働・社会保険制度への加入が義務づけられており、これらの制度等を踏まえた合理的な労務管理システムが模索されています。本DVDでは、これら農業労働の特殊性を踏まえたうえで、農業経営体の労務管理を指導するために必要と思われる基本的な知識を具体的な事例等をまじえ、ポイントを絞って解説いたします。是非ご活用ください。

 

1.労働・労務管理としての農業の特徴
  ・農業労働の特殊性と多様な働き手
  ・農業の労務管理の特徴
2.農業での社労士の関わり方
  ・農業で今求められている社労士の仕事とは
  ・農業で仕事をしていくうえで知っておきたいこと


講師プロフィール

特定社会保険労務士 入来院 重宏 氏
キリン社会保険労務士事務所 所長。
1961年、東京生まれ、武蔵大学経済学部卒業。損保会社勤務を経て、2002年キリン社会保険労務士事務所を開業。中小企業や農家(法人・個人)、農畜産団体等に対して、労働・社会保険の事務手続きから日常の労務管理のアドバイス等を行っている。全国農業協同組合中央会、(一社)全国農業会議所、 (公社)日本農業法人協会、(公社)全国農業共済協会、
全国森林組合連合会、全国酪農業協同組合連合会、農林中央金庫 等農林畜産関連団体の顧問先は多く、研修講師や書籍・新聞・コラム等の執筆も多数。また、全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク会長、日本農業労災学会副会長、農林水産省の各種委員会(農の雇用事業推進委員会、援農隊マッチング支援事業検討委員会、技能実習生受け入れ実
態調査検討委員会、労働力確保最適活用システム協議会)委員、農業経営アドバイザー審査会委員・講師(日本政策金融公庫)等公職も多い。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP