中企団加盟社労士
全国3,872事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】中小企業のための“現実的で運用しやすい”退職金制度の見直し・設計のノウハウ【入門編】


研修会DVD内容紹介

 

【定期】中小企業のための“現実的で運用しやすい”退職金制度の見直し・設計のノウハウ【入門編】

No. 288 カテゴリ 福利厚生 給与計算 賃金制度 退職金
講師 川島 孝一 氏 定価 3,240円(税込) 常任 無料
収録日 2016年9月9日 収録時間 1時間56分


研修会内容

中小企業における人材不足が常態化している社会情勢の中、退職金制度は長く会社に勤めてもらうためになくてはならないインセンティブのひとつです。「成果主義」「人材の流動化」など、「退職金制度の存在意義」が問われた時期もありましたが、これまで退職金制度は不要と考えていた会社でも、あらためて退職金制度の導入を検討するケースも増えてきているようです。
また、以前から退職金制度を採用している会社でも、退職者とのトラブル対策や支給水準の見直しなどの課題を抱えており、すぐにでも退職金制度を見直すべき状況である場合も数多く存在します。
しかし、中小企業にとっての退職金制度は、就業規則や賃金制度に比べると喫緊の課題にならないこともあり、どうしても後回しになりがちです。そのため、専門家である我々社会保険労務士でも、退職金制度の制度設計や改定にあまり携わっていないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、本DVDでは、中小企業の退職金制度にスポットをあて、現状分析のポイントから、制度設計、退職金の資金準備まで「退職金制度の見直し・設計」の基礎知識についてお伝えします。これから「退職金制度のコンサルを始めたい」「顧問先から退職金制度の相談を受けるのが不安」という方に、特にお勧めする内容です。是非ご活用ください!

 

1.中小企業の退職金制度の取り巻く環境
  ・昨今の中小企業における退職金制度の状況
2.中小企業の退職金制度の現状分析のポイント
  ・退職金制度の現状分析の方法
  ・よくありがちな退職金制度の問題点 
3.中小企業の退職金制度設計のポイント
  ・定額制、基本給連動型、ポイント制退職金のメリット・デメリット
  ・各手法の制度設計の方法 
  ・退職理由別支給水準の考え方
  ・制度変更による不利益変更の対処法
4.中小企業の退職金制度の資金準備の方法
  ・中退共・生命保険を利用した資金準備の方法
5.退職金制度コンサルの営業と業務展開


講師プロフィール

社会保険労務士 川島 孝一 氏
中小企業福祉事業団幹事。川島経営労務管理事務所代表。
昭和41年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、サービス業にて人事・管理業務に従事後、現職。クライアント先の人事制度、賃金制度、退職金制度をはじめとする人事・労務の総合コンサルティングを担当し、経営者の視点に立ったわかりやすく、論理的な手法で実績を挙げる。複数社の役員・労務顧問等を兼任している。
【著書】「中小企業の退職金の見直し・設計・運用の実務」、「労務トラブル防止法の実務」(セルバ出版)など

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP