中企団加盟社労士
全国4,617事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】近年の労働判例から学ぶ労務管理上の留意点


研修会DVD内容紹介

 

【定期】近年の労働判例から学ぶ労務管理上の留意点

No. 260 カテゴリ 労働保険 労働法 労務管理
講師 滝 則茂 氏 定価 3,240円(税込) 常任 無料
収録日 2015年8月18日 収録時間 1時間46分


研修会内容

労働基準法、労働契約法、男女雇用機会均等法といった重要な労働法規については、判例を抜きにして、 その解釈・運用を語ることはできません。企業の労務管理指導に携わる社労士には、近年の労働判例をきちんと押さえ、実務に活かせるようにすることが求められています。 本DVDでは、ここ数年の間に出された最高裁判例のうち、社労士による労務管理指導に役立つものを厳選し、基本から丁寧に解説します。 テーマはいずれも、近年の労務管理の重要課題に関するものです。労務管理のプロフェショナルとして、レベルアップを図っていきたいとお考えの皆様、情報収集の場として、 本DVDを是非ご活用ください!

1.定額残業代(テックジャパン事件)
2.事業場外労働(阪急トラベルサポート事件)
3.メンタル不調者の解雇(日本HP事件)
4.軽易業務への転換を契機とする降格(広島中央保健生活協同組合事件)
5.セクハラ発言に対する懲戒(海遊館事件)


講師プロフィール

社会保険労務士 滝 則茂 氏
中小企業福祉事業団幹事。社会保険労務士法人LEC代表社員。東京都福祉サービス第三者評価評価者。 名古屋市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。1989年社会保険労務士登録。 東京リーガルマインド主任研究員として、企業研修、職業訓練、資格取得講座などの企画、教材開発、講義を担当。 2003年4月より、社会保険労務士法人LECにて、労務相談、就業規則関連業務などに従事する一方、社労士向けセミナーの講師として活躍中。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP