中企団加盟社労士
全国5,120事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】技能実習・特定技能の問題点と解決策 ~正しく制度が運用されるために社労士ができること~(2021.1.18発刊)


研修会DVD内容紹介

 

【定期】技能実習・特定技能の問題点と解決策 ~正しく制度が運用されるために社労士ができること~(2021.1.18発刊)

No. 407 カテゴリ 就業環境改善 社員採用と研修 労働法 労務管理
講師 永井 知子 氏 定価 3,300円(税込)
収録日 2021年1月7日 収録時間 2時間31分


研修会内容

 外国人技能実習、特定技能の在留資格等による外国人の受入れは誤解されやすい制度です。法令違反や人権侵害についての様々な報道から、外国人技能実習制度は廃止すべきだという意見も聞かれますが、実際の現場の声は必ずしもその通りではありません。また、特定技能は受入れ事例が少ないことと人手不足の解消が先だつことにより、採用時の情報ばかりが注目されていますが、就労開始後に起こりうるであろう留意点については見過ごされているところがあります。その原因としては、制度を正しく理解して解説した報道が少ないこと等が挙げられます。

 また、外国人雇用の専門家として行政書士が取り上げられることが多いですが、社会保険労務士は採用や入社時のみのスポット対応だけではなく継続して労務管理のサポートができるため、適正な外国人雇用を実現するための重要な存在となりえます。

 

 本研修会DVDでは、社会保険労務士の先生方向けに技能実習・特定技能の沿革や制度趣旨から説明し、外国人雇用を正しく前向きな方向に牽引していただくことを目的としています。また、それぞれの制度についての啓蒙だけではなく、課題解決のための企業への提案の例、現場で使える実務情報なども盛り込んで解説いたします。

1.技能実習・特定技能の真実 ~報道と実態~
 ・技能実習制度の廃止論について
 ・技能実習・特定技能の沿革
 ・理念・体制の解説

2.法令違反の分析と問題点の把握
 ・技能実習の課題と特定技能の危うさ、留学生問題
 ・法令違反(技能実習法/入管法/職業安定法)の分析

3.技能実習制度と同一労働同一賃金
 ・技能実習制度・特定技能での同一労働同一賃金

4.特定技能と職業安定法
 ・制度の適正化に向けた政府の取り組み

5.社会保険労務士の役割と改善策の提案
 ・多文化共生&生活支援、安全衛生、人材育成等の提案


講師プロフィール

特定社会保険労務士 永井 知子 氏
(コスモポリタン インターナショナル HRソリューションズ 代表)

青山学院大学大学院 法学研究科 ビジネス法務専攻 人事労務コース 修士課程修了(ビジネスロー)。
外国人技能実習制度における養成講習講師、派遣元責任者講習講師。外国人技能実習適正化指導専門家。
外資系企業の人事部やアウトソーシング会社にて主に給与計算・社会保険事務・就業規則見直し・労務
相談等の業務を担当、海外赴任に伴う給与計算・社会保険事務、外国人の労務管理について専門誌で
多数執筆。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP