中企団加盟社労士
全国4,617事務所

トップページサービス一覧研修会DVD内容紹介 ≫ 【定期】高年齢者のモチベーションを高める制度設計について


研修会DVD内容紹介

 

【定期】高年齢者のモチベーションを高める制度設計について

No. 243 カテゴリ その他 労働保険 労働法
講師 川上 建次 氏 定価 3,240円(税込) 常任 無料
収録日 2014年12月17日 収録時間 1時間27分


研修会内容

昨年4月から施行された改正高齢者法により、企業には希望者全員65歳まで雇用する義務が生じていますが、政府の統計では60歳以降の賃金は定年前の5~8割に設定しており、高齢者のモチベーションを阻害している最大の要因となっています。今後高齢化社会が進展する中で、高齢者の戦力化を進める必要があり、企業には限られた人件費を効率よく使用するとともに、適正な評価により高年齢者のモチベーションを維持しつつ雇用を継続する運用が求められます。また、男子の年金支給が61歳以降となり、雇用継続給付や老齢年金を上手に活用したライフプランを立てるためにも、社労士の適切なアドバイスが求められるところです。 本DVDでは、高齢者雇用に関する公的給付の基本的理解を進めるとともに、雇用形態や年金の受給状況に応じて、高齢者の手取り額を最大にする方法を詳説し、更にモチベーションを高める評価方法について解説します。

1.公的給付活用のポイント
2.収入を高めるための老齢年金の諸制度の活用
3.賞与と退職金制度を併用した賃金制度の解説
4.高齢者の人事評価の基本的考え方


講師プロフィール

平成16年9月川上国際経営労務事務所設立、社労士東京会新宿支部前労基署担当副支部長、中小企業診断士、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構所属 高年齢者雇用アドバイザー、実用英語検定1級。中小企業の経営相談、社会保険諸手続き、就業規則作成、労務相談、年金相談、定年退職者セミナー講師、等に従事。 著書:「定年再考:これで完璧高年齢者の雇用と賃金」(共著、社会保険研究所)、他。

特定商取引法に基づく表記

▲PAGETOP